News サッカーニュース

規格外の38歳イブラヒモヴィッチ、冬加入ながら二桁ゴール…セリエA新記録達成

2020年8月2日(日) 23:59 

 


ミランに所属する元スウェーデン代表FWズラタン・イブラヒモヴィッチがセリエAの新記録を更新した。

ミランは1日に行われたセリエA最終節でカリアリと対戦。新型コロナウイルスの影響による中断から再開後のリーグ戦で12試合無敗とし、6位フィニッシュにより来季のヨーロッパリーグ(EL)出場権を手にした。

この試合に先発したイブラヒモヴィッチは、PKの失敗があったものの、1点リードで迎えた55分に豪快なシュートでネットを揺らして名誉挽回。3-0での勝利に貢献した。

今年1月にミラン復帰を果たしたイブラヒモヴィッチは、カリアリ戦のゴールが今季セリエAでの10ゴール目に。最終的には、18試合に出場して10ゴール5アシストという成績でシーズンを終えた。『Opta』によれば、38歳302日でのセリエA二桁ゴールは、38歳127日で達成したシルヴィオ・ピオラ氏を上回る史上最年長記録。ピオラ氏の記録は1950年代にノヴァーラで達成されていた。

今年10月に39歳となるイブラヒモヴィッチだが、まさに衰え知らずの活躍ぶり。一時は今季限りでの退団が濃厚とみられていた中、ステファノ・ピオリ監督が先日に契約延長したことで風向きも変わっている。来シーズンも引き続きミランでプレーすることになるのだろうか。

(提供元:Goal.com

このニュースについて語ろう!

みんなのコメント
  • 新着順
  • いいね順

News 新着ニュース

News ニュースランキング