News サッカーニュース

ユヴェントス、100億円でウルブスFW獲得が間近に? 今季26得点10アシスト

2020年8月2日(日) 0:03 

 


ユヴェントスが、ウォルヴァーハンプトンに所属するメキシコ代表FWラウール・ヒメネスの獲得に迫っているようだ。スペイン『AS』が報じた。

昨年にベンフィカからウォルヴァーハンプトンに完全移籍したヒメネスは今シーズン、公式戦53試合に出場して26ゴール10アシストをマーク。強靭なフィジカルとボックス内での決定力を武器に、クラブの7位フィニッシュやヨーロッパリーグ(EL)決勝ラウンド16進出に貢献している。

そのヒメネスに関しては、これまでにアーセナルやマンチェスター・ユナイテッドからの興味が伝えられてきた。一時はマンチェスター・U移籍に迫っているとも伝えられたが、『AS』によればユヴェントスがウォルヴァーハンプトンとの合意に近づいているという。

ウォルヴァーハンプトンは当初、ヒメネスを求めるクラブに対して1億ユーロ(約124億円)を要求していたとみられるが、ユヴェントスは交渉の末、8000万ユーロ(約100億円)ほどの移籍金で合意に迫っているという。

今シーズン、チーム内得点王となっているクリスティアーノ・ロナウドがここまでリーグ戦31ゴールを記録してセリエA優勝を決めたユヴェントスだが、総得点数では2位のインテルや3位のアタランタ、4位のラツィオの後塵を拝している。前線のターゲットとなる生粋の9番タイプであるヒメネスを引き入れ、攻撃陣を強化することになるのだろうか。

(提供元:Goal.com

このニュースについて語ろう!

みんなのコメント
  • 新着順
  • いいね順

News 新着ニュース

News ニュースランキング