News サッカーニュース

ユーヴェ戦でC・ロナウドと対決の冨安健洋、伊主要紙から最高評価と賛辞「成長が見えた」

2020年6月23日(火) 20:19 

 


22日のユヴェントス戦にフル出場したボローニャに所属する日本代表DF冨安健洋に対し、イタリア紙『ガゼッタ・デッロ・スポルト』が賛辞を贈った。

ボローニャは22日、セリエA第27節で王者ユヴェントスとホームで対戦。22分にステファノ・デンスヴィルがPKを献上してクリスティアーノ・ロナウドに先制点を許すと、36分にパウロ・ディバラに強烈なミドルシュートで追加点を決められた。ボローニャはこのまま0-2で敗れている。

21歳の冨安は右サイドバックでフル出場。35歳のポルトガル人スーパースター、C・ロナウドと初めてのマッチアップに奮闘した。イタリアの主要紙は若き日本代表DFを高く評価。冨安の成長を認め、チーム内で最高評価となる「6.5」を与えて賛辞を贈った。

「C・ロナウドが仕掛けた『ボールはある?ボールはない?』に何度も耐えた。油断することなく、活動的にプレー。(逆サイドのミチェル)ダイクスと比べて低い位置でプレーすることが多かったが、ボールを足元に持っているときも持っていないときも、カウンターにはアクティブに参加していた。ミスを引きずらなかったところに成長が見えた」

なおチーム内最低評価は、DFマタイス・デ・リフトのシャツを引っ張り、PKを献上したDFステファノ・デンスヴィルの「4」だった。

一方、『コリエレ・デッロ・スポルト』は、冨安を評価しつつ課題となる場面も指摘。「C・ロナウドの素早いフェイントに騙されず、前半は彼をコントロールし、素晴らしい能力を見せた。後半の立ち上がりはやや劣りC・ロナウドに簡単に置き去りにされていたが、その後は修正した」との見解を示した。

(提供元:Goal.com

このニュースについて語ろう!

みんなのコメント
  • 新着順
  • いいね順

News 新着ニュース

News ニュースランキング