News サッカーニュース

前半のみで交代の南野拓実は及第点。米メディア「高いクオリティの片鱗を見せたが…」

2020年6月22日(月) 13:15 

 


リヴァプールFW南野拓実は、エヴァートン戦でのパフォーマンスが一定の評価を得ているようだ。

1月の移籍市場でリヴァプールに加入した南野。プレミアリーグではなかなか出番を得られていなかったが、再開初戦となった21日の第30節のエヴァートン戦ではコンディション不良のモハメド・サラーに代わって先発出場を飾った。攻守に奮闘したものの、前半のみのプレーでベンチに下がっている。試合はスコアレスドローに終わった。

この試合を採点した米メディア『ESPN』は、南野に「6」と及第点を与えた。寸評では、「1月に加入したこの選手は、リンクプレーや動きでその高いクオリティの片鱗を見せた。だが、ファイナルサードでは決断力をやや欠いている」としている。

なお、南野に代わって後半から出場したアレックス・オックスレイド=チェンバレンも同様に「6」と評価されている。最高評価はサディオ・マネの「8」となった。

また『スカイスポーツ』も「6」と及第点。「サラーの役割でスタートしたが、(ロベルト)フィルミーノに近づきすぎたこともあった。エネルギッシュで、何度か高い位置でボールを奪い返した。だがリヴァプールは形を探し、チェンバレンとハーフタイムから使った」と評している。

(提供元:Goal.com

このニュースについて語ろう!

みんなのコメント
  • 新着順
  • いいね順

News 新着ニュース

News ニュースランキング