News サッカーニュース

レアル・マドリーの選手たちが驚き…エイバル戦直後、ジダンに怒られる

2020年6月15日(月) 23:17 

 


14日のラ・リーガ第28節、レアル・マドリーはアルフレド・ディ・ステファノでのエイバルに3-1で勝利した。スペイン『マルカ』によれば、ジネディーヌ・ジダン監督は試合終了後に選手たちを叱責したという。

このエイバル戦、前半にはMFトニ・クロース、DFセルヒオ・ラモス、DFマルセロが得点を重ねていくなど、万全のパフォーマンスを披露したレアル・マドリーだが、後半になると一気に調子を落として失点も許すことになった。

ジダン監督は後半のパフォーマンスに納得がいかなかったようで、試合終了後に怒りの感情を露わにしながら、選手たちを非難したという。ジダン監督がそのように振る舞うことはあまりなかったために、選手たちは驚きを感じていたとのことだ。

今季のレアル・マドリーが前半と後半に異なる顔を見せたのは、この試合が初めてではない。レバンテ戦(3-2)やグラナダ戦(4-2)でも、途中まで3-0でリードしながら相手に主導権を奪われて接戦を強いられていた。そうした前例もあって、ジダン監督は選手たちの気を引き締めたかったのかもしれない。

なおジダン監督は試合後会見で「フィジカルの問題ではないと思う。私たちは入念な準備をしてきた」とラ・リーガの中断が後半のパフォーマンス低下につながったことを否定。「前半で3-0にしてしまったことが理由なのかもしれない。前半は本当に良かったが、後半に少し気を緩めてしまった可能性がある」とも話していた。

(提供元:Goal.com

このニュースについて語ろう!

みんなのコメント
  • 新着順
  • いいね順

News 新着ニュース

News ニュースランキング