News サッカーニュース

レアルとの契約が2021年で切れる34歳S・ラモス…代理人「22年完成の新ベルナベウで引退するのが理想」

2020年6月9日(火) 1:45 

 


レアル・マドリーDFセルヒオ・ラモスの兄弟で、代理人を務めるレネ・ラモス氏が、同クラブとの契約延長についてコメントした。

現在34歳のS・ラモスとレアル・マドリーの契約は2021年まで。クラブがほかのベテランの選手と同様、1年の契約延長を望んでいるのに対して、S・ラモスが2年以上の契約を求めるなど、交渉は緊張状態が続いている。

そうした中でスペイン『オンダ・セロ』とのインタビューに応じたレネ・ラモス氏は、S・ラモスが2022年に工事が終了する全面改装したベルナベウでプレーする意欲があることを強調した。

「兄弟の代理人を務めるのは、ほかの選手を代理するよりもずっと難しいものなんだ。できる限り粘っていきたいね。実際、新しいベルナベウでプレーすることこそが、彼にとって理想的な引退の形だろう」

「彼はフィジカル的にも良い調子を維持している。もうプレーしたくてたまらないといった感じだよ」

(提供元:Goal.com

このニュースについて語ろう!

みんなのコメント
  • 新着順
  • いいね順

News 新着ニュース

News ニュースランキング