News サッカーニュース

ハヴェルツは今夏の退団&ビッグクラブ行きを希望…バイエルンはL・サネを加えても獲得?

2020年6月9日(火) 1:10 

 


レヴァークーゼンのドイツ代表MFカイ・ハヴェルツは今夏に移籍する決意を固めているようだ。そして、ドイツ誌『キッカー』によれば、依然としてバイエルン・ミュンヘンが新天地候補に含まれているという。

現在20歳のハヴェルツはレヴァークーゼンとの現行契約は2022年まで。以前、今夏のビッグクラブ行きが濃厚と見られていたが、最近では新型コロナウイルスの影響で来シーズンもレヴァークーゼンに残る可能性を予想する声も挙がっている。

だがそんな中『キッカー』は、ハヴェルツは「新シーズンに向けてキャリアで次のステップに進む計画だ。残留の可能性はやや低めとなっている」と報道。そして、新天地は「スペイン(レアル・マドリー)、イングランド(リヴァプール、マンチェスター・シティ、マンチェスター・ユナイテッド、チェルシー)、或いはバイエルンのなかから選ぶことになるだろう」と伝えた。

またバイエルンについては、ドイツ代表FWリロイ・サネの獲得でマンチェスター・シティとの交渉がまとまっても、「ハンジ・フリック監督が熱望する」ハヴェルツの獲得を見送らないとのこと。一方、現在、MFチアゴ・アルカンタラと契約延長交渉に入っている同クラブだが、スペイン代表と新契約に至った場合、さらにハヴェルツを迎え入れるほど財政の余裕がないとも指摘している。

コロナ禍の前までは、レヴァークーゼンの要求額が1億ユーロ(約121億円)を超えると言われていたハヴェルツ。今夏の移籍は果たして実現するのだろうか。

(提供元:Goal.com

このニュースについて語ろう!

みんなのコメント
  • 新着順
  • いいね順

News 新着ニュース

News ニュースランキング