News サッカーニュース

トッテナムから新型コロナ陽性1名判明…プレミアリーグ5回の検査で感染者は計13名に

2020年6月4日(木) 23:37 

 


プレミアリーグは新たに1名の新型コロナウイルス感染を発表し、トッテナムの関係者であることがわかった。

新型コロナウイルス感染拡大により3月13日に中断されたプレミアリーグは、6月17日の再開が決まり、先日から新型コロナウイルスの検査を実施。これまでの4回の検査で計12名から陽性反応が検出され、先週に行われた4回目の検査では初めて感染者が出なかったことを公表していた。

そして、リーグ戦再開まで2週間となった3日、プレミアリーグは5回目の検査結果を発表。声明の中で「6月1日月曜日と2日火曜日に、1197名の選手とクラブスタッフを対象にCOVID-19の検査を実施した。その結果、1名の陽性が確認された」と綴った。なお、クラブ名や個人名といった詳細の公表は控えている。

しかし、トッテナムは自クラブから感染者が出たことをプレミアリーグの発表と同時に明かす。「我々のトレーニングセンターで実施された最新の検査から、1名の感染者が出たとの報告をプレミアリーグから受けた。医療上の守秘義務の観点から、個人名は公表しない。現在症状はなく、プレミアリーグのガイドラインに従い、7日間の隔離に入る」と声明を出した。

5月17日から始まり、今回で5回目を迎えた新型コロナウイルスの検査では、これまでに5079名の選手とクラブスタッフを対象とし、計13名の感染者が確認されている。

(提供元:Goal.com

このニュースについて語ろう!

みんなのコメント
  • 新着順
  • いいね順

News 新着ニュース

News ニュースランキング