News サッカーニュース

バルセロナで戦力外扱いのコウチーニョ、プレミアリーグ復帰希望も…買い手なしか

2020年6月2日(火) 19:22 

 


今季レンタルによってバイエルン・ミュンヘンでプレーするバルセロナMFフィリペ・コウチーニョは、来季プレミアリーグに復帰することを希望しながらも、現時点では買い手が存在していないようだ。スペイン『マルカ』が報じている。

2018年冬に移籍金1億2000万ユーロ+インセンティブ4000万ユーロという巨額でリヴァプールからバルセロナに加入したコウチーニョ。しかしバルセロナでは期待されていたような成果を収められず、今季加入したバイエルンでも状況は変わらなかった。

コウチーニョは今季終了後にバルセロナに復帰する予定だが、クラブ側は巨額で獲得した選手にもかかわらず、今後戦力として扱っていく考えはない模様。そのために獲得費用を少しでも取り戻すために売却に動くとみられている。

その一方でコウチーニョ本人はプレミア復帰を希望しているものの、問題はバルセロナが求めるような移籍金を支払えるプレミアのビッグクラブが、同選手に以前のような魅力を感じていないことにあるという。『マルカ』はコウチーニョが「プレミアの重要なクラブの興味を掻き立ててはいない。少なくとも現時点では」と記している。

プレミアのビッグクラブがコウチーニョの獲得に動いていない理由には、新型コロナウイルスで財政的打撃を受けている影響もあるのだろう。果たして、このブラジル代表MFは、来季どこでプレーしているのだろうか。

(提供元:Goal.com

このニュースについて語ろう!

みんなのコメント
  • 新着順
  • いいね順

News 新着ニュース

News ニュースランキング