News サッカーニュース

「ゲッツェはスペインで通用する」テア・シュテーゲン、同胞のラ・リーガ移籍を希望

2020年6月2日(火) 19:21 

 


ドルトムント退団が既定路線となっているマリオ・ゲッツェについて、バルセロナGKマルク・アンドレ・テア・シュテーゲンは「スペインでは通用する」と話している

ゲッツェとドルトムントの契約は今季終了まで。首脳陣も退団を認めるなど、今夏にフリーとなることは濃厚となっている。新天地にはプレミアリーグやセリエAなど、初の海外挑戦が予想されているが、テア・シュテーゲンはゲッツェがスペインに来ることを望むと、『DAZN』ポッドキャストで語った。

「マリオはボール扱いに長けるし、ゲームを進められる選手だ。間違いなくスペインにフィットするだろう。彼の目標がどこにあるのかわからない。話していても、フットボールの話はしないからね。僕にとって、彼が正しい決断をして幸せになることだけが重要なんだ。それは多くのクラブにフィットするだろうし、多くのクラブに違いをもたらすことができるだろう」

また、テア・シュテーゲンは自身の新契約について「話していたが、コロナ禍となり、そのような状況ではなくなった」と認めている。

(提供元:Goal.com

このニュースについて語ろう!

みんなのコメント
  • 新着順
  • いいね順

News 新着ニュース

News ニュースランキング