News サッカーニュース

「ケガがなければ間違いなく40歳までは…」元ポルトガル代表DFがC・ロナウドのさらなる活躍に太鼓判

2020年3月21日(土) 20:55 

 


元ポルトガル代表のパウロ・フェレイラ氏は、クリスティアーノ・ロナウドが40歳までプレーを続けられると太鼓判を押した。

これまでにマンチェスター・ユナイテッドやレアル・マドリーで数々のタイトルやバロンドールを5度受賞し、35歳になった今でもセリエA王者ユヴェントスのエースとしてプレーするロナウド。リオネル・メッシとともに依然としてフットボール界の頂点に君臨する同選手は、今シーズンも新型コロナウイルスによりリーグ戦が中断されるまで、セリエA11試合連続得点など公式戦32試合で25ゴールを記録する。

ロナウドのキャリア序盤である2004年から2010年の間、ポルトガル代表として一緒にプレーした経験を持つチェルシーなどで活躍したフェレイラ氏は、『Goal』に対して「長い間、クリスティアーノのことを知っている。姿勢、プロフェッショナル、努力、どれをとっても突出している」と称賛し、さらなる活躍を期待した。

「身体がこれ以上できないと言うまで、彼はこのレベルに居続けるだろう。私が思うに、彼はこれから4年や5年以上は続けられるはずだ。依然として誰からもリスペクトされる重要な選手であり、試合を決定付けられる恐ろしい存在だ。私は彼の成長を目にしてきた。彼が18歳の時から彼と一緒にプレーし、時には対戦した。功績、努力、すべてにおいてこのレベルでプレーを続けられるにふさわしい」

「35歳になってもこのレベルでプレーするためには、自分自身を管理しなければならないし、適切な努力や休息、食事をする必要がある。彼はこれらすべてをやっている。だから彼が40歳までプレーできると言っても、私は納得する。彼の身体がどうなっていくはわからないが、ケガがなければ間違いなくそうできるはずだ」

(提供元:Goal.com

このニュースについて語ろう!

みんなのコメント
  • 新着順
  • いいね順

News 新着ニュース

News ニュースランキング