News サッカーニュース

ユヴェントスがマテュイディの新型コロナ感染を発表…ルガーニに続きクラブから2選手目

2020年3月18日(水) 19:33 

 


ユヴェントスは、MFブレーズ・マテュイディから新型コロナウイルスの陽性反応が検出されたことを発表した。

昨年末に中国で確認されて以降、世界中で爆発的に感染拡大の続く新型コロナウイルス。中でもイタリアは17日の時点で感染者3万人超、死者2500人を出すなど深刻な状況に陥っている。フットボール界にも大きな影響を与えており、11日にユヴェントスのダニエレ・ルガーニがセリエAの選手として感染が確認された最初の選手になり、以降も吉田麻也所属のサンプドリア、フィオレンティーナからも陽性反応が出たことが報告されている。

ルガーニの件を受け、クラブ全関係者が自主的な隔離を行う中、17日にユヴェントスの選手から2人目の感染者が出てしまった。クラブは「ブレーズ・マテュイディが検査を受け、コロナウイルスの陽性反応が判明した。11日から自主的な隔離の措置を取っている同選手は、現状のままで容態の確認が続けられることになる。彼は元気で、症状はない」と公式ウェブサイトで発表した。

現在、セリエAは他国のリーグと同様に4月上旬まで中断し、またユヴェントスがベスト16まで勝ち上がっているチャンピオンズリーグも延期中。さらに、マテュイディがフランス代表として出場する可能性のあったEURO2020も1年間の開催見送りが17日に決定した。

なお、新型コロナウイルスの感染拡大が続くヨーロッパでは、セリエAだけではなく、プレミアリーグやリーガ・エスパニョーラ、ブンデスリーガなどでも選手の感染が相次いでいる。先日には、バレンシアがクラブの35%から新型コロナウイルスの陽性反応が確認されたことを発表していた。

(提供元:Goal.com

このニュースについて語ろう!

みんなのコメント
  • 新着順
  • いいね順

News 新着ニュース

News ニュースランキング