News サッカーニュース

新型コロナで過密日程を迎える欧州サッカー界…今季CL&ELはミニトーナメントで王者決定か

2020年3月17日(火) 19:40 

 


チャンピオンズリーグ(CL)とヨーロッパリーグ(EL)の王者決定に向けて、ミニトーナメント案が浮上しているようだ。イギリス『BBC』などが伝えている。

昨年末に中国で確認されて以降、欧州を中心に爆発的な広がりを見せる新型コロナウイルス。各国が感染拡大防止に向けてさまざま対策を練る中、フットボール界でも各国リーグ戦、さらに欧州サッカー連盟(UEFA)主催大会のCLとELでも延期が決まっている。

これを受け、UEFAは55の加盟国、欧州クラブ協会の役員、世界プロサッカー選手会(Fifpro)の代表らとともに17日に緊急ビデオ会議を開催する予定であり、その中で両トーナメントや今夏のEURO2020のあり方について協議される模様。しかし、各国リーグ戦を最優先させる考えが根強いようで、過密日程を避けるための妥協案を提示しつつ、解決策を見出すことになるようだ。

そのオプションの1つとして浮上するのが、CLとELのミニトーナメント。両大会合わせて14試合が残されているベスト16終了後、準々決勝と準決勝を通常のホーム&アウェイ方式から1発勝負に変更し、CLとELそれぞれのファイナル会場であるトルコのイスタンブールとポーランドのグダニスクで、一定期間のうちに開催することもオプションとして考えられているようだ。

さらに、6月12日から7月12日まで欧州12の都市で開催されるEURO2020を1年間先延ばしにすることで、国内リーグやUEFA主催大会を全うできるだけの時間が十分に得られるとも考えられている。

しかし、4年1度の欧州王者を決める大会の1年間の延期が決まれば、2021年のカレンダーに大きな影響を及ぼすことは避けられない。来夏には、女子欧州選手権とU-21欧州選手権が開催予定。さらに、UEFAネーションズリーグや新たなフォーマットで中国で第1回大会を迎えるFIFAクラブワールドカップも始まる。

その他にも、EURO2020が1年間延期されることになれば放映権や大会関係者400名の雇用への影響も計り知れないようだ。

多くの問題を抱える状況の中、17日の緊急会議でどのような結論が導き出されるのだろうか。

(提供元:Goal.com

このニュースについて語ろう!

みんなのコメント
  • 新着順
  • いいね順

News 新着ニュース

News ニュースランキング