News サッカーニュース

不発のハーランド、枠内シュートはゼロ…無観客で「ファンがいないのは痛かった」

2020年3月12日(木) 11:29 

 


ドルトムントのFWアーリング・ハーランドはチャンピオンズリーグ(CL)敗退に失望を口にしている。UEFA公式サイトが伝えた。

ドルトムントは11日、チャンピオンズリーグ・ラウンド16セカンドレグでパリ・サンジェルマンと対戦。初戦をハーランドの2ゴールで2-1と制していたが、第2戦ではネイマールらのゴールに沈み、0-2と敗戦。ドルトムントは逆転での敗退が決まった。

フル出場しながら、ゴールが遠かったハーランドは「タフな試合になるとは思っていたけど、僕らにとっていい試合にはならなかった」と総括。続けて、「僕らにとってファンがいないのは大きかった。しかし、パフォーマンスの言い訳にはできない」と無観客試合が影響を及ぼしたことを認めている。

ドルトムントはなかなか攻撃が機能せず、最前線のハーランドがボールを触った回数は90分間で20回のみ。枠内シュート本数は0に終わっていた。

(提供元:Goal.com

このニュースについて語ろう!

みんなのコメント
  • 新着順
  • いいね順

News 新着ニュース

News ニュースランキング