News サッカーニュース

ムバッペ、新型コロナウイルス感染疑われるも結果は陰性…しかしCLドルトムント戦出場は不透明

2020年3月14日(土) 17:00 

 


パリ・サンジェルマン(PSG)のキリアン・ムバッペが新型コロナウィルスの検査を受け、陰性だったようだ。

11日に行われるチャンピオンズリーグ(CL)決勝トーナメント1回戦セカンドレグを前に、PSGに不安が広がる。敵地での一戦を1-2で落としたトーマス・トゥヘル監督率いる同チームは、4年連続のベスト16敗退の危機が迫る中、エースのムバッペが体調不良で練習を欠席した。

さらに、ドルトムント戦の前日に当たる10日のトレーニングにも姿を見せないムバッペに対して、現在世界中で猛威を振るう新型コロナウイルスに罹患した可能性が浮上。同感染症が多くの死者を出し続けていることもあり、心配の声が上がっていたが、フランス『Tele Foot』の記者、ユリアン・メイナード氏によると、10日に受けたスクリーニング検査の結果、陰性であることがわかったようだ。

仮に感染していれば、ムバッペ個人だけではなく、感染拡大に繋がりかねない為、他の選手たちも自宅隔離などの措置が取られることも十分に考えられていた。しかし、この度の結果は同選手だけではなく、PSGにとっても朗報と言えそうだ。

しかし、数日間にわたりトレーニングを欠席したことで、ムバッペが11日のドルトムント戦でプレーできるかは不透明だ。

(提供元:Goal.com

このニュースについて語ろう!

みんなのコメント
  • 新着順
  • いいね順

News 新着ニュース

News ニュースランキング