News サッカーニュース

セリエA、新型コロナの影響でついに中断…第ニ次大戦以来初

2020年3月10日(火) 19:42 

 


セリエAは9日、リーグ戦を中断することが発表された。

イタリアのジュゼッペ・コンテ首相は、新型コロナウイルスの流行に伴い、新たな決断を下した。すでにコロナの影響で、4月3日まではすべてのスポーツイベントで無観客試合を行うことを決定し、先日のイタリア・ダービーも異様な雰囲気で開催されていた。

そんな中、セリエAとコッパ・イタリアではついに今季の中断が決定。シーズンが途中で中断となるのは、第ニ次世界大戦以来、初めてのこととなる。少なくとも4月3日まではすべての試合が中止となるようだ。

コンテ首相は「セリエAやすべてのスポーツ大会は中断される。すべてのファンは受け入れなければならない」と決断について語っている。

なお、チャンピオンズリーグやヨーロッパリーグなどは無観客試合なども含めて開催される見込み。セリエAのタイトルレースや残留争いがどのような結末となるかは、今後決めていくことになるとみられる。

(提供元:Goal.com

このニュースについて語ろう!

みんなのコメント
  • 新着順
  • いいね順

News 新着ニュース

News ニュースランキング