News サッカーニュース

バルセロナ、メッシのリーガ19得点目となるPK弾でソシエダ撃破!レアル・マドリー抜いて暫定首位に

2020年3月8日(日) 13:05 

 


7日のリーガ・エスパニョーラ第27節、バルセロナは本拠地カンプ・ノウでのレアル・ソシエダ戦に1-0で勝利した。

前節のクラシコに0-2で敗戦し、強豪ソシエダをカンプ・ノウに迎えたバルセロナ。持ち前の攻撃的フットボールを展開するレアル・ソシエダ相手に、前半から苦戦を喫することになった。

迎える決定機を決め切れず、またソシエダの決定力不足にも助けられてスコアレスのまま試合を過ごしたバルセロナは、81分に先制点獲得に成功する。マルティネス・ムヌエラ主審がオンフィールドレビューでもって、モンレアルのペナルティーエリア内でのハンドによってPKを指示。キッカーのメッシがこれを決め切っている。

ようやく先制点を決めたバルセロナは、96分にジョルディ・アルバが追加点を決めたかに思えたが、これはVAR介入後にアンス・ファティのオフサイドを取られて認められず。結局、1点リードを維持する形で試合終了を迎えている。

2試合ぶりに勝利を手にしたバルセロナは、翌日にアウェーでのベティス戦に臨むレアル・マドリーに勝ち点2差をつけて暫定で首位に立った。なおPK弾を決めたメッシは、今季リーガ得点数を19(さらに12アシスト)に伸ばし、ベンゼマに6点差をつけて得点ランク首位を快走している。

(提供元:Goal.com

このニュースについて語ろう!

みんなのコメント
  • 新着順
  • いいね順

News 新着ニュース

News ニュースランキング