News サッカーニュース

新型コロナウイルスの影響はCLにまで…バレンシア対アタランタの無観客試合が決定

2020年3月6日(金) 11:30 

 


チャンピオンズリーグ(CL)のバレンシア対アタランタの一戦がスタンドを閉鎖して開催されることが決まった。

世界各国で猛威を振るう新型コロナウイルスの脅威を受け、フットボールを含む大規模イベントの開催に大きな影響を及ぼす。イタリアやスイスでリーグ戦が延期される中、今度は欧州最高峰の舞台であるCLにもインパクトを与えるようだ。

現在、スペインでは200人以上の感染者が確認されており、スペイン保健省は“多くの人が集まるイベント”の開催を避けるよう要請。そして、バレンシアの本拠地、メスタージャで予定されるアタランタ戦もサポーターの入場を認めずに行われることが決定した。

欧州サッカー連盟(UEFA)は5日、公式声明で「UEFAチャンピオンズリーグのラウンド16セカンドレグ、バレンシアとアタランタの試合は日程通り行われるが、スタンド閉鎖を強いることになる」と発表した。

また、UEFAからの公式な発表はないものの、12日にジュゼッペ・メアッツァで予定されているヨーロッパリーグラウンド16ファーストレグのインテル対ヘタフェも、イタリアで感染拡大が続く新型コロナウイルスの影響を受けることが予想されている。

(提供元:Goal.com

このニュースについて語ろう!

みんなのコメント
  • 新着順
  • いいね順

News 新着ニュース

News ニュースランキング