News サッカーニュース

コロナ予防で日本人ファン強制退場のライプツィヒ、被害者とすでに会談し直接謝罪…試合へも招待

2020年3月3日(火) 19:27 

 


新型コロナウィルス感染予防策の一環で日本人サポーター団体を強制退場させたライプツィヒだが、すでに被害を受けたファンと会談を行っている。

1日に行われたブンデスリーガ第25節のライプツィヒ対レヴァークーゼン(1-1)。ライプツィヒ本拠地レッドブル・アレーナで行われた一戦だったが、開始早々に日本人サポーター団体がスタジアムからの退席を命じられている。新型コロナウィルスの感染予防策の一環としての対応だったと見られていた。

そして翌日、ライプツィヒは公式声明を発表。「スタジアムのセキュリティはロベルト・コッホ研究所からの助言に従い、(新型コロナウィルスの)影響を受けている可能性のある地域からの団体の入場を制御する必要に迫られていた。遺憾ながら、この問題に関する不確実性により日本人観戦者への対応に誤りがあったことを認める」とし、「謝罪したいと感じている。この件を償いたいと考えており、影響を受けた全員に対して連絡を取り、次のホームゲームに招待できるように取り組んでいる」と、謝罪を行っていた。

だが、この対応には批判が殺到。声明を伝える公式ツイッターには、「これは“人種差別”だ。ライプツィヒに住んだことがある人間として、そしてライプツィヒの大ファンとして、このような考え方に非常に失望している」や「こんなクラブだとは…」など、多くのコメントが寄せられている。

その後、ライプツィヒはツイッターで「我々はすでに個人的に会談し、起きたことを心から謝罪したいと思っている」とし、退場させられた日本人数人と接触していることを発表した。2日には数名へ直接謝罪し、試合へ招待したことも明かしている。

なお『ガーディアン』紙によると、ドイツ国内では1日の段階でコロナウイルス感染者が129人に急増。これまで16州のうち9州で症状が確認されている。

(提供元:Goal.com

このニュースについて語ろう!

みんなのコメント
  • 新着順
  • いいね順

News 新着ニュース

News ニュースランキング