News サッカーニュース

レアルに勝ち点5差をつけられるクラシコ…セティエン「私たちよりも彼らにとって重要な一戦」

2020年3月1日(日) 15:30 

 


28日のリーガ・エスパニョーラ第26節、バルセロナは敵地サンティアゴ・ベルナベウでのレアル・マドリー戦に臨む。前日会見に出席したキケ・セティエン監督は、勝利によって2位レアル・マドリーに勝ち点5差をつけられるこの一戦に向け、大きな意気込みを表している。

「重要な日になるのかもしれない。十分かどうかは分からないが、勝利すれば彼らとの距離を離すことができるのだからね。こうした試合では過去は関係なく、今しか存在しない。ここまでの状況にかかわらず、両チームが最大限の力を振り絞って戦うのがクラシコだ」

「激しくぶつかり合うような試合になることを望んでいるよ。勝利のため、どちらが良いプレーを見せるのか、見てみようじゃないか」

セティエン監督はまた、このクラシコがバルセロナよりも、ここ最近に調子を落とし始めたレアル・マドリーにとってより重要な一戦であるとの見解を示している。

「この試合は、彼らに差をつけられるために私たちにとっても重要だ。だが彼らにとっては(今季の)鍵を握る試合で、決定的ではないものの、私たちよりも重要な一戦であるはずだ。もし私たちが勝てば、勝ち点5差をつけられるわけだからね。優勢なチームが入れかわる均衡した試合になることは分かっている。いつものクラシコのような戦いにね」

セティエン監督は先のレアル・マドリー対マンチェスター・シティ(1-2)を観戦し、その後にはシティの滞在するホテルでジョゼップ・グアルディオラ監督と話し合った。一体、どういったことを話したのだろうか。

「グアルディオラに会いに行ったわけではなく、試合とマドリーを見に行ったんだ。この試合に向けた結論を導くためにね。その後、彼と話をする機会に恵まれ、様々なことについて話したよ。シティが試合に勝つために行ったプランを、私たちは目撃した。ただ、ここで言いたくないこともある。シティが実践したことについては、私たちにとって都合が良いこともあれば、実践できないこと、興味を持てないこともある。(バルセロナとシティは)いくつかの点で関連付けることができるが、ただそれだけだ」

「私たちはこれまで通り勇敢なチームとして、この試合に望む。プレスを仕掛けて、ボール保持を求めるチームとしてね。もちろん、マドリーのプレーも頭に入れておかなければならない。実際、彼らは私たちを困難に陥れもするだろう」

今季のレアル・マドリーは、激しいハイプレスを特徴の一つとしている。

「マドリーが相手の様子を見るチームとは一切考えていない。彼らは勇敢であり、私たちを圧迫して来るだろう。あのプレッシングをかいくぐるためには洗練されたプレーを見せなくてはならない。シティ戦の彼らのゴールは、実際あの素晴らしいプレッシングから生まれている。そういったことが起こる可能性は間違いなくあるだろうね」

(提供元:Goal.com

このニュースについて語ろう!

みんなのコメント
  • 新着順
  • いいね順

News 新着ニュース

News ニュースランキング