News サッカーニュース

「データは私の祖母よりも悪かった」フィルミーノ、元ホッフェンハイム首脳が回顧

2020年2月23日(日) 22:30 

 


元ホッフェンハイムのディレクターであるエルンスト・タナー氏が、ロベルト・フィルミーノは欧州挑戦時にはひどい状態にあったと明かしている。『Bleacher Report』が報じた。

フィルミーノは2011年にフィゲイレンセからホッフェンハイムへと加入。当時は19歳で、ブラジルで大きな実績もなく、ドイツへと渡った。タナー氏は「彼がホッフェンハイムに来たときデータを見た」と明かし、当時の思い出を回顧している。

「ドイツでは通常持久力のテストを行う。そして血液テストはかなり正確なんだ。その数値は私が見たプロの選手の中で最悪だった。私の祖母よりも悪かったと強調したいね。あまりに低かったから、プロで通用するとは信じられなかった」

一方で、データには関係なく、「ブンデスリーガでトッププレーヤーになると確信していた」とも明かす。

「スカウティングレポートで10段階の評価をする。9、10なら国際レベルだが、私はそのくらいの評価をしていた。態度がよかったので、さらに高く評価していた。フィゲイレンセの監督が彼に話してるときに、少年のように話を聞いていたからね。ドイツでそれをやれば、選手はすぐにロッカールームへ向かってしまう。フィルミーノはまっすぐに受け止めて改善しようとしていた。それは印象的だったよ」

(提供元:Goal.com

このニュースについて語ろう!

みんなのコメント
  • 新着順
  • いいね順

News 新着ニュース

News ニュースランキング