News サッカーニュース

チェルシーとアヤックスがツィエク移籍で合意!移籍金は48億円+ボーナス

2020年2月14日(金) 13:20 

 


チェルシーとアヤックスは、ハキム・ツィエクの移籍で合意したことを発表した。

昨シーズン、オランダ国内2冠を達成し、チャンピオンズリーグで大躍進を巻き起こしたアヤックスで活躍したツィエク。昨夏の移籍市場では、バイエルン・ミュンヘンなどのビッグクラブ行きが報じられていたが、最終的に契約延長を結び、オランダでのプレーを続けている。

そんな中、今シーズンもここまで公式戦29試合で8ゴール21アシストを記録するツィエクに対して、チェルシーが獲得に乗り出していたことが判明。今冬の移籍市場で同選手を迎え入れることは叶わなかったが、13日に両クラブは今夏のモロッコ代表MFの移籍で合意に至っている。

チェルシーは、ツィエクの移籍金として4000万ユーロ(約48億円)を支払うようで、さらにパフォーマンスに応じて最大で4400万ユーロ(約52億円)まで金額が上がる模様。なお、クラブ選手間の契約はまだ結ばれていないものの、加入予定の7月1日までまだまだ時間が残されており、これから具体的な話を進めていくことになるようだ。

チェルシーはツィエクの移籍に関する声明の中で、「右サイドと中央でプレーできる左利きのツィエクは近年、アヤックスで重要な役割を担ってきた。コンパクトな守備陣を切り裂くパスをさばくスキルを持っており、セットプレーのスペシャリストでもある。クラブとモロッコ代表で100ゴール以上を記録した得点能力の高いスコアラーだ」と期待を寄せた。

なお、ツィエクは昨夏にチェルシーの指揮官に就任したフランク・ランパード監督にとって待望の新戦力第1号となる。

(提供元:Goal.com

このニュースについて語ろう!

みんなのコメント
  • 新着順
  • いいね順

News 新着ニュース

News ニュースランキング