News サッカーニュース

ドルトムントに大打撃!主将ロイスが4週間の離脱、PSGとのCL決勝T1回戦も欠場へ

2020年2月6日(木) 12:24 

 


ドルトムントは、主将マルコ・ロイスを欠いてチャンピオンズリーグ(CL)ラウンド16を戦うことになった。

今季26試合に出場し、12ゴール7アシストを記録。主将としてチームをけん引していたロイス。しかし4日に行われたDFBポカール3回戦ブレーメン戦(2-3)の終盤に負傷し、交代を余儀なくされていた。

そして5日、ドルトムントはロイスの状態について発表。「キャプテンのマルコ・ロイスは、DFBポカールで筋肉を損傷した。現在のコンディションを考慮すると、約4週間でトレーニングに復帰する。早く良くなって、マルコ!」と声明を出し、1カ月以上の離脱を強いられることを明かした。

ドルトムントは今後、ブンデスリーガではレヴァークーゼンやフランクフルトなど難敵との試合を控えているが、ロイスは4試合を欠場する見込み。また、18日にはCL決勝トーナメント1回戦ファーストレグでパリ・サンジェルマンと対戦することになるが、この試合でも主将を欠いて臨むこととなった。

なお4週間の離脱となれば、最速で3月7日のブンデスリーガ第25節ボルシア・メンヒェングラートバッハ戦で復帰することになる。

8シーズンぶりのリーグ制覇、CLでの躍進を目指すドルトムントだが、主将の離脱は大きな痛手となりそうだ。

(提供元:Goal.com

このニュースについて語ろう!

みんなのコメント
  • 新着順
  • いいね順

News 新着ニュース

News ニュースランキング