News サッカーニュース

クロップ、セインツに4点快勝も「完璧じゃない。完璧に近づいてすらない」

2020年2月2日(日) 21:53 

 


リヴァプールのユルゲン・クロップ監督は、チームが“パーフェクト”ではないと主張した。

1日に行われたプレミアリーグ第25節で、リヴァプールはホームでサウサンプトンと対戦。好調セインツ相手に前半こそ危険な場面を作られはしたが、無失点で前半を折り返すと、後半にアレックス・オックスレイド=チェンバレン、ジョーダン・ヘンダーソンが得点を挙げ、モハメド・サラーが2ゴール。終わってみれば4-0の快勝となった。

リヴァプールはこの勝利で勝ち点を73にまで伸ばし、暫定ではあるが、イングランド1部リーグ記録となる2位との勝ち点差を22ポイントに広げることに成功。しかし、クロップ監督はチームのパフォーマンスに満足できていないようだ。

試合後、同指揮官は「今日の試合前、私の気持ちとしては心配が大きかった。楽観的な人間だが、どんなことでも起こり得ると長年にわたり知っているから、試合前は楽観的になれない」と心配の要素があったことを認め、この試合を振り返った。

「サウサンプトンは本当に多くのシュートを打ち、フィニッシュまで持ち込んだ。しかし、アリ(GKアリソン)がさすがだった。彼のプレーは説明できない。彼らのフィニッシュは良かったが、そこにはアリがいた。本当にスペシャルだ。この試合、我々は完璧ではなかったし、完璧に近づいてさえもなかった。それでも、できる限りのプレーをしたし、ベストを尽くせたと思う」

なお、リヴァプールは今節終了後から約2週間のウィンターブレイクに突入。次戦ノリッジ・シティ戦は15日に予定されている。

(提供元:Goal.com

このニュースについて語ろう!

みんなのコメント
  • 新着順
  • いいね順

News 新着ニュース

News ニュースランキング