News サッカーニュース

久保建英に新たなライバル?レアル・マドリー、フラメンゴの17歳MFを36億円で獲得に近づく

2020年1月4日(土) 20:05 

 


レアル・マドリーがフラメンゴMFヘイニエル獲得に迫っている。『Goal』の取材で明らかになった。

2019シーズンのブラジル・セリエA王者と南米王者に輝き、12月のFIFAクラブ・ワールドカップで決勝進出を果たしたフラメンゴ。昨シーズンにトップチームデビューを果たしたばかりのヘイニエルだったが、17歳ながら公式戦15試合で6ゴールをマークする活躍を見せた。この活躍は多くのビッグクラブの目を惹きつけ、その去就に注目が集まっていた。

そして、最も獲得に迫っているのはレアル・マドリーだ。近年ブラジルからヴィニシウスやロドリゴといった逸材を率いれてきた“ロス・ブランコス”は、今月19日に同選手が18歳の誕生日を迎えるタイミングで契約締結を目指している。スペインへの移籍が決まれば、ヘイニエルはフラメンゴに残留することなく、今シーズンいっぱいはカスティージャでプレーする見込みだ。

なお、現在17歳のヘイニエルの移籍金は3000万ユーロ(約36億円)と予想されている。

また、選手の関係者が『Goal』に明かしたところによると「例えばブラジル代表やレアル・マドリーから召喚のような連絡が入った場合、フットボール界には“ノー”とは言えないものがある」と断ることが困難なオファーを受け取ったと認めている。

2020年東京オリンピックの南米予選を控えるブラジルU-23代表にも招集されるヘイニエルは、マジョルカに期限付きで移籍中の久保建英にとっても将来的なライバルになりそうだ。

(提供元:Goal.com

このニュースについて語ろう!

みんなのコメント
  • 新着順
  • いいね順

News 新着ニュース

News ニュースランキング