News サッカーニュース

リヴァプール、サラー&マネ弾でシェフィールドを撃破…2020年の初戦を制しリーグ11連勝

2020年1月3日(金) 7:02 

 


現地時間2日、プレミアリーグ第21節リヴァプールvsシェフィールドの一戦が行われた。この試合で新加入の南野拓実は規定により出場不可となり、ベンチ裏から戦況を見守った。

試合は開始4分でいきなりスコアが動く。リヴァプールは左サイド深くからアンドリュー・ロバートソンがクロスを入れると、ボックス内に飛び込んだモハメド・サラーが左足ダイレクトで決め、リヴァプールが1-0と先行。

ここからリヴァプールペースで試合は進むも、追加点は決まらず、1-0で前半を折り返す。

後半に入り64分、カウンターの場面でサディオ・マネが左サイドから敵陣へ侵入し、一度中央のサラーへとボールをはたく。マネはゴール前でリターンを受けシュートを放つも、相手GKに阻まれる。そのこぼれ球を素早く押し込んでマネが追加点をマークした。

2点をリードしたリヴァプールはこのあとシェフィールドにカウンターで決定機を作られる場面もあったが失点を許さず、2-0で試合はフルタイムを迎えた。

これでリヴァプールはリーグ戦37戦負けなしの11連勝。2020年初戦をものにした。勝ち点を58に伸ばして2位レスターとの勝ち点差を再び13に広げた。

(提供元:Goal.com

このニュースについて語ろう!

みんなのコメント
  • 新着順
  • いいね順

News 新着ニュース

News ニュースランキング