News サッカーニュース

アーセナル暫定指揮官ユングベリ、期間は未定と明かすも「クラブからの信頼は光栄」

2019年12月1日(日) 16:53 

 


アーセナルを暫定的に指揮することが決まったフレディ・ユングベリ氏は、初陣となるノリッジ・シティ戦のことだけを考えて準備したいと話した。

今シーズン、プレミアリーグ13節終了時に8位と沈み、過去27年間で最悪となる公式戦7試合連続の未勝利となった28日の1-2で敗れたヨーロッパリーグのフランクフルト戦後にアーセナルはウナイ・エメリ前監督の解任を発表。そして、約10年にわたりクラブで活躍し、前任者のアシスタントとしてチームを支えてきたユングベリ氏が暫定指揮官の職に就くことが決まった。

古巣を率いることが決まったユングベリ氏は、イギリス『スカイスポーツ』で「どれだけ長くなのか、どれだけ短くなのか何も指示はない」と自身が暫定指揮官としてチームを率いる期間は決まっていないと話し、クラブ首脳陣とのやり取りを明かした。

「彼らはただ“次の試合に集中し、君のできることをやってくれ。我々をそれを見守っている”と言っただけだった。私は選手たちのこと、明日の試合のことだけを考えて、私のできるベストを尽くしたい。他にも何試合か率いることになるかもしれないが、まずは日曜のノリッジ戦のことだけに集中したい。その他のことは今はまったく関係ない」

さらに、現役時代に活躍したアーセナルを指揮することについて42歳の同氏は「この大きな責任を背負えるだけの準備ができているとクラブが考えてくれたことはとても光栄だ」と喜びを語り、今後の方針についても口を開いた。

「物事を大きく、とても大きく変えようとは考えていない。確かに多くのことがメディアを通じて議論され、クラブ内でも協議されてきた。ただ、今はどのようにプレーできるか、フットボールのピッチ上でチームは何ができるかということだけを考えている」

一方で、クラブのディレクターを務めるジョッシュ・クロンケ氏はアーセナルの公式ウェブサイトで「フレディにはアーセナルのDNAがある」と期待を寄せ、さらに「適切な候補を探すために念入りに調査を進めている」と当面はユングベリ氏にチームを託すことを示唆している。

(提供元:Goal.com

このニュースについて語ろう!

みんなのコメント
  • 新着順
  • いいね順

News 新着ニュース

News ニュースランキング