News サッカーニュース

[試合終了]日本代表1-4ベネズエラ代表/キリンチャレンジカップ

2019年11月19日(火) 21:38 

 Photo:Getty Images
[得点]
前半8分 サロモン・ロンドン
前半30分 サロモン・ロンドン
前半33分 サロモン・ロンドン
前半38分 ジェフェルソン・ソテルド
後半24分 山口蛍

[警告]
前半33分 佐々木翔
前半47分 ミケル・ビジャヌエバ
後半4分 橋本拳人
後半5分 ベルナルド・マンサノ
後半45分 トマス・リンコン

[交代]
後半0分 植田直通→三浦弦太
後半0分 鈴木武蔵→古橋亨梧
後半16分 ダルウィン・マチス→ロムロ・オテロ
後半20分 橋本拳人→山口蛍
後半20分 浅野拓磨→永井謙佑
後半32分 ジェフェルソン・ソテルド→ジョン・ムリジョ
後半37分 原口元気→井手口陽介
後半37分 ベルナルド・マンサノ→レンソ・サンブラノ
後半44分 サロモン・ロンドン→フェルナンド・アリステギエタ
後半47分 ジャンヘル・エレラ→フアン・パブロ・アニョル

''焦点は二つ。突き上げと[3-4-2-1]''


 ベネズエラと言えば、これまでの親善試合でもタフな戦いを繰り広げてきた好敵手だが、キルギス戦で年内最後のW杯アジア2次予選を終えた日本代表としては、テストやトライができる貴重な機会でもある。キルギス戦から9人のメンバーがチームから離れ、代わりに国内組9人が加わった。大島僚太ら5人の復帰組と、古橋亨梧、進藤亮佑、荒木隼人、オナイウ阿道の初招集組だ。
「個人的にはW杯予選とはまったく別ものだと考えている。そこは別のチャレンジになる」と語るのは、引き続きベネズエラ戦に参戦する柴崎岳だ。「どういう起用をするかは分からないけど」と前置きしながら、「ある程度、出場が決まってきている選手がいる中で、それ以外の選手のアピールの場になると思う」と想定する。実際に大半のポジションは“不動”であり、競争の停滞感は否めない。来年にはW杯アジア2次予選の残り4試合、東京五輪を経て、W杯アジア最終予選へと入っていくが、ベンチが続く畠中槙之輔や今回ひさびさの招集となった実力者たち、さらには古橋、オナイウのような生きのいい新戦力をテストすることで、新たな競争状態を引き起こしたい。今回はその格好のタイミングであり、格好の相手でもある。

 またこのベネズエラ戦は、これまで構想にありながら導入が進んでいない[3-4-2-1]を、A代表で再びトライするチャンスでもある。ここでやらなければ、オプションとしても組み込めないまま厳しい最終予選に入っていく流れになりかねない。14日のキルギス戦は相手のシステムとのかみ合わせが悪いながらも、選手の踏ん張り、相手の精度不足に助けられたが、3バックを導入できていれば、早い時間帯に3バックに変更し、諸問題を解決できたかもしれない。

 そうした戦術的な引き出しや新たな競争状態を生み出す意味でも3バックのトライは面白いが、4バックのまま戦力の底上げを図るプランも考えられる。あるいは前半と後半で両方を実践するか。指揮官のプランニングが楽しみな試合だ。

【日本代表先発メンバー】
GK
1 川島永嗣
DF
2 植田直通
4 畠中槙之輔
16 室屋成
17 佐々木翔
MF
7 柴崎岳
8 原口元気
10 中島翔哉
13 橋本拳人
15 浅野拓磨
FW
21 鈴木武蔵

【控えメンバー】
GK
12 権田修一
23 中村航輔
DF
3 三浦弦太
5 車屋紳太郎
19 進藤亮佑
22 荒木隼人
MF
6 大島僚太
9 古橋亨梧
14 井手口陽介
20 山口蛍
FW
11 永井謙佑
18 オナイウ阿道

【ベネズエラ代表先発メンバー】
GK
1 ウイルケル・ファリニェス
DF
3 ミケル・ビジャヌエバ
16 ロベルト・ロサレス
20 ロナルド・エルナンデス
24 ジョルダン・オソリオ
MF
5 ベルナルド・マンサノ
6 ジャンヘル・エレラ
7 ダルウィン・マチス
8 トマス・リンコン
18 ジェフェルソン・ソテルド
FW
23 サロモン・ロンドン

【控えメンバー】
GK
22 ラファエル・ロモ
DF
2 ウィルケル・アンヘル
4 ナウエル・フェラレシ
14 ガブリエル・ベニテス
21 ロルフ・フェルツセル
MF
10 ジフェルソン・サバリノ
11 フアン・パブロ・アニョル
13 レンソ・サンブラノ
17 ロムロ・オテロ
FW
9 アンドレス・ポンセ
15 ジョン・ムリジョ
19 フェルナンド・アリステギエタ

(提供元:速サカ編集部)

このニュースについて語ろう!

みんなのコメント
  • 新着順
  • いいね順

News 新着ニュース

News ニュースランキング