News サッカーニュース

ユヴェントスが2試合を残し勝ち上がり確定…アトレティコは敵地でレヴァークーゼンに敗れる

2019年11月7日(木) 12:09 

 


現地時間6日、UEFAチャンピオンズリーグ(CL)グループD第4節、ロコモティフ・モスクワvsユヴェントスが行われた。

敵地ロシアに乗り込んだユヴェントスは開始3分、アーロン・ラムジーが右足で先制ゴールを決めて1点を先行。12分、アレクセイ・ミランチュクに1点を返されて1-1となり、こ同点のまま戦況が進む。

ユヴェントスはこの後も好機を生み出すがなかなか追加点を奪うことができず。ロコモティフも機を見たカウンターで活路を見出そうと、ユーヴェゴールに襲いかかる。すると1-1で決着かと思われた後半アディショナルタイム、ゴンサロ・イグアインのお膳立てを受けたドウグラス・コスタが左足で決勝点を決め、土壇場でリードしたユヴェントスが1-2と勝利を収めた。

グループDもう一つの試合、レヴァークーゼンvsアトレティコ・マドリーは、アトレティコにとっては敵地で勝利すれば2位以上の勝ち上がりが確定する状況。だがこの試合ではここまで3連敗のレヴァークーゼンが奮起。前半41分に相手オウンゴールで先制すると、55分にはケヴィン・ホランドが追加点を決めて2点をリードする。レヴァークーゼンは84分にナディーム・アミリ退場で数的不利となるも、アトレティコの反撃をアルバロ・モラタの1点にとどめ、2-1で勝利を収めている。

この結果、ユヴェントスが勝ち点10に達し、3位との勝ち点差が7に広がったため勝ち上がりが決定。2位アトレティコ・マドリー(勝ち点7)、3位ロコモティフ・モスクワ(勝ち点3)、4位レヴァークーゼン(勝ち点3)となっている。

■UEFAチャンピオンズリーグ グループDの結果
ロコモティフ・モスクワ 1-2 ユヴェントス
レヴァークーゼン 2-1 アトレティコ・マドリー

(提供元:Goal.com

このニュースについて語ろう!

みんなのコメント
  • 新着順
  • いいね順

News 新着ニュース

News ニュースランキング