News サッカーニュース

「ルカクは優しい大クロヒョウ。マリシアがあれば…」インテルFWに伊識者が課題を指摘

2019年11月4日(月) 17:57 

 


元ラツィオMFのパオロ・ディ・カーニオ氏は、イタリア『スカイスポーツ』のTV番組『スカイ・カルチョ・クラブ』に出演し、インテルのベルギー代表FWロメル・ルカクについて見解を示した。

ルカクは今夏、新指揮官アントニオ・コンテの熱望を受けてマンチェスター・ユナイテッドからインテルに移籍。ここまでリーグ戦11試合に出場、9ゴールを挙げる活躍を見せ、首位ユヴェントスを1ポイント差で追うインテルをけん引している。しかし現役時代にラツィオやユヴェントス、ミラン、ウェスト・ハムなどでプレーしてきたディ・カーニオ氏は、ベルギー代表FWに物足りなさを感じている。前半の決定力不足に注目。メンタルの課題を指摘している。

「ルカクは70分頃になるまで大したパフォーマンスを見せておらず、優しい大クロヒョウのままだ。彼は善良な心で自身のフィジカルを操ってしまう。彼にマリシアがあれば、本当に最高峰の選手になるだろうにね。彼は下手なわけではない。むしろすべてを兼ね備えている。アントニオ・コンテにとって、チームの戦術において、重要な選手になるだろう」

インテルの次戦は、5日のチャンピオンズリーグのドルトムント戦。さらに9日にはヴェローナとの対戦を迎える。ルカクは果たして、ディ・カーニオ氏の指摘する課題を乗り越え、さらなる進化を遂げることができるのか、今後の活躍は注目されるところだ。

(提供元:Goal.com

このニュースについて語ろう!

みんなのコメント
  • 新着順
  • いいね順

News 新着ニュース

News ニュースランキング