News サッカーニュース

ラ・リーガ月間MVPにも輝いたウーデゴール。レアル・マドリー帰還を急がず

2019年10月9日(水) 19:08 

 


レアル・ソシエダで活躍するMFマルティン・ウーデゴールが、自身の成長を助けてくれるクラブでのプレーに満足感を示している。『Eurosport Norway』でのコメントをスペイン『アス』が伝えた。

16歳の頃に“神童”という評価を受けてレアル・マドリーに加入し、以降はレンタル移籍が続くウーデゴールは順調に成長。とりわけレアル・ソシエダの主力として活躍する今シーズンは多くの称賛を浴びており、9月のラ・リーガ月間最優秀選手にも輝いた。

スペインの名門を牽引する実力を示しているウーデゴールは、所属元のレアル・マドリーからも高く評価されていることを明かしている。

「僕はレアル・マドリーの契約下にあって、彼らは時々僕に連絡をくれる。今の僕をどう見ているか教えてくれて、ラ・リーガでの好調なスタートを祝福してくれるんだ。それに、目にしたものにとても満足していると言ってくれたよ」

とはいえ、ウーデゴールにレアル・マドリー帰還を急ぐ気はないようだ。

「レアル・ソシエダというクラブやここのコーチングスタッフは、僕に道を示してくれる存在だ。試合の戦術面やどうしたら向上できるかを教えてくれる。レアル・ソシエダとのローン契約を尊重するアイデアがあるんだ。僕はレアル・ソシエダとローン契約を結んでいて、チームの一員になれたことに満足している。だからローンが終了するまで残りたい」

20歳で迎えた今シーズン、これまで以上に注目を集めているウーデゴール。順調にいけば、将来的にサンティアゴ・ベルナベウで声援を受けることになる可能性は高そうだ。

(提供元:Goal.com

このニュースについて語ろう!

みんなのコメント
  • 新着順
  • いいね順

News 新着ニュース

News ニュースランキング