News サッカーニュース

ミランがジャンパオロ監督解任を発表…13位と低迷、わずか4カ月で再び指揮官交代

2019年10月9日(水) 18:54 

 


ミランは、わずか4カ月でマルコ・ジャンパオロ監督の解任を決断した。

今夏にジェンナーロ・ガットゥーゾ前監督の退任に伴い、ミランの指揮官に就任したジャンパオロ監督。昨シーズンまでの2シーズンでサンプドリアをトップハーフに導くなどの手腕を評価されて、名門の復権を託された同指揮官だが、今シーズンのセリエA開幕7試合で3勝4敗の13位と低迷。チャンピオンズリーグ出場権獲得を狙うクラブだが、苦しい時間が続いていた。

そして8日、ミランはジャンパオロ監督の解任を発表。「マルコ・ジャンパオロのファーストチームのコーチという職を解いた。これまでのマルコの活動に感謝を伝えたい」と公式ウェブサイトで声明を出している。

なお、現段階で後任または暫定監督は発表されておらず、インターナショナルブレイクの2週間を利用して新指揮官を探すことになる模様。候補には、昨シーズンまでインテルを率いたルチアーノ・スパレッティ氏、元フィオレンティーナのステファノ・ピオリ氏、前マルセイユ指揮官のルディ・ガルシア氏などがピックアップされると考えられている。

イタリア複数メディアでは、トップターゲットはスパレッティ氏だという。しかし、同氏と契約を残す前所属インテルが複雑な状況となっているため、ピオリ氏が現実的なターゲットではないかと伝えられている。

新生ミランの初陣は、20日にホームで行われるレッチェ戦となる。

(提供元:Goal.com

このニュースについて語ろう!

みんなのコメント
  • 新着順
  • いいね順

News 新着ニュース

News ニュースランキング