News サッカーニュース

CL決勝の悪夢はすでに過去…カリウスが古巣復帰を検討?「もう一度リヴァプールで…」

2019年10月5日(土) 17:44 

 


ベシクタシュのロリス・カリウスは、いつの日かリヴァプールで再びプレーすることを望んでいるようだ。

2016年にマインツからリヴァプールに加入したカリウスは、2年目の2018年にチャンピオンズリーグ(CL)決勝の舞台に立つ。しかし、スローインしたボールがカリム・ベンゼマの出した足に当たって先制点を与えるミスを犯すと、ギャレス・ベイルのミドルシュートをファンブルして失点。守護神のミスの影響もあり、1-3でレアル・マドリーに屈したリヴァプールはビッグイヤーを掲げられず、カリウスは戦犯に祀り上げられる。

その数カ月後、当時のGK史上最高額でアリソンが加入したことを受け、カリウスは2シーズンの期限付きでベシクタシュに移籍する。トルコの地で徐々に本来の姿を取り戻しつつある同選手は、キエフの悪夢はすでに払拭され、再びアンフィールドでプレーすることを望んでいると話した。

「もう一度リヴァプールでプレーするかって?もちろん、オプションの1つで、とても良いオプションだ。たぶん、もう一度彼らのためにプレーすることになるだろう。もしリヴァプールじゃなくても、別の僕に合ったチームに行くことになる。どのようなシナリオになっても何も心配していない」

「もうキエフのことを考えたりしていない。だいぶ昔のことだ。あれから本当に多くのことがあった。僕自身も良くないケガを負ったし、あの決勝のことについて話す人は誰もいない。みんなは好きなことを喋れば良いと思うけど、僕にはまったく影響はないね」

また、翌年2019年のCLファイナルでトッテナムを下して14年ぶりの戴冠となった古巣に「リヴァプールがチャンピオンズリーグで優勝できてとてもうれしい。それに、今シーズンもチャンスがあると思う」と喜びを語り、今でもGKコーチや選手たちとのつながりがあると明かしたカリウスは、第2GKとして現在チームを支えるアドリアンについても言及した。

「あのディフェンスの後ろにいれば、ゴールキーパーなら誰だって心地良いだろうね。でも、アドリアンは本当に良い仕事をしている。ディフェンスも本当に良くなっているし、失点もほとんどない。だから、彼らがリーグ優勝できることを願っている。シーズンはまだ長いけれど、良いスタートはいつだっていいことだ。彼らが負ける試合を見たくはないんだ」

(提供元:Goal.com

このニュースについて語ろう!

みんなのコメント
  • 新着順
  • いいね順

News 新着ニュース

News ニュースランキング