News サッカーニュース

オーバメヤン、ドルトムントCEOの発言に反撃「貴方はピエロ」「もうほっといてくれ」

2019年10月5日(土) 0:15 

 


アーセナルFWピエール=エメリク・オーバメヤンは古巣ボルシア・ドルトムントのハンス=ヨアヒム・ヴァツケCEOの発言に反応した。自身のツイッターで同CEOを「貴方はピエロ」と返している。

ヴァツケCEOは先日、ドイツ紙『ズュートドイチェ・ツァイトゥング』のインタビューに応じた際、チームミーティングの不参加や練習への遅刻などを繰り返し、結局後味が悪い形で移籍することになったオーバメヤンについて、「もちろん、あのような金額を目にすれば選手を引き留めることは簡単ではない。ある選手は金のために何年にもわたりチャンピオンズリーグでプレーできないクラブに行った」と発言。さらに「オーバメヤンは、自身の銀行口座を見たとき、心温まるだろう。しかしミッドウィークはテレビでチャンピオンズリーグを見ると悲しむだろう」と皮肉っていた。

これに対し、オーバメヤンは3日、自身のツイッターで「本当にドルトムントから去った理由について話さない方が貴方にとって良いだろう。ミスター・ヴァツケ、貴方はピエロだ」と切り出すと、「僕は貴方がウスマン・デンベレを絶対に売らないと言っていたことをよく覚えている。でも1億ユーロを目にしたとき、貴方は真っ先に金を選んだ(笑)。お願いだから金の話はしないで欲しい!!!もうほっといてくれ、お願い」とも綴っている。

2013年夏にサンテテイエンヌからドルトムントに向かったオーバメヤンは2018年1月に6375万ユーロ(当時のレートで約86億円)の移籍金でアーセナルに加入。その半年前に練習ボイコットなどで話題になり、最終的にクラブ史上最高額1億500万ユーロ(当時約136億円)+ボーナスでバルセロナへと手放したFWウスマン・デンベレの放出も、オーバメヤンの移籍の決断に影響したのだろうか。

(提供元:Goal.com

このニュースについて語ろう!

みんなのコメント
  • 新着順
  • いいね順

News 新着ニュース

News ニュースランキング