News サッカーニュース

遠い未来ではない!?レアル・マドリー、ジダンの将来的な後継者にラウールを据える考え

2019年9月10日(火) 20:24 

 


レアル・マドリーは、現在トップチームを率いるジネディーヌ・ジダン監督の将来的な後継者にBチームのラウール・ゴンサレス監督を据える考えのようだ。スペイン『アス』が報じている。

昨季途中からレアル・マドリーのフベニールB(U-16-18)を率いたラウール監督は5月にUEFAプロライセンスを取得して、今季から同クラブのBチーム、カスティージャを指揮することになった。すでにカスティージャのほか、トップチームも率いることのできる資格も有する同指揮官だが、クラブ首脳陣はいずれはジダン監督の後任にする考えという。

ジダン監督はカスティージャを1年半率い、成績不振に陥ったラファ・ベニテス監督の後を引き継く形でトップチームの手綱を握った。レアル・マドリー首脳陣はラウール監督に関しても、将来トップチームを任せることを見据えながら、現在カスティージャを任せているとのことだ。

ラウールは今季カスティージャでまだ3試合(1勝1分け1敗)しか指揮していないが、若手の積極活用やテクニカルエリアからの情熱的な指示など、クラブ首脳陣は指揮官としてのスタイルに好感を覚えている様子。レアル・マドリーの伝説の背番号7が、サンティアゴ・ベルナベウで指揮を執る姿を見られるのは、そう遠い未来ではなさそうだ。

(提供元:Goal.com

このニュースについて語ろう!

みんなのコメント
  • 新着順
  • いいね順

News 新着ニュース

News ニュースランキング