News サッカーニュース

スペイン代表最多記録タイ167試合到達…セルヒオ・ラモス「目標は200試合」

2019年9月9日(月) 12:24 

 


スペイン代表DFセルヒオ・ラモスが同国歴代最多タイとなる167キャップを記録した。

2005年に18歳と361日でスペイン代表デビューを飾ったラモスは、これまでに2010年のワールドカップ制覇、2008年と2012年のEURO連覇に主力として貢献するなど、同代表チームにとって不可欠な存在として長期にわたり君臨し続ける。

そして、8日の4-0で勝利したEURO2020予選のフェロー諸島代表戦でレアル・マドリー時代のチームメイトで現在ポルトに所属するイケル・カシージャスが持つ歴代最多出場数の「167」に到達。足掛け14年での達成となり、10月に行われる予定のノルウェー代表との一戦では、新記録の樹立が期待される。

カシージャスの持つ記録に並んだフェロー諸島戦後、ラモスは「記録は破られるためにある。この勢い、情熱、そして野心とともに、目標である200試合に到達できることを願っている」と前人未到の200キャップを目標に掲げた。

さらに、「167試合到達おめでとう。これからもっとその数が増えることを願っている」と祝福したカシージャスに対しては「イケルからの称賛をとても光栄に思う。僕は彼の数字を超えなければならないし、今後何年もこの国のためにプレーできると願っている」とコメントしている。

(提供元:Goal.com

このニュースについて語ろう!

みんなのコメント
  • 新着順
  • いいね順

News 新着ニュース

News ニュースランキング