News サッカーニュース

ワイナルドゥム「リヴァプール加入前、クロップからファン・ダイクについて尋ねられて…」

2019年9月8日(日) 17:04 

 


リヴァプールのオランダ代表MFジョルジニオ・ワイナルドゥムが、クラブと代表で同僚のDFヴィルヒル・ファン・ダイクについてのエピソードを明かした。

2018年にサウサンプトンからリヴァプール入りしたファン・ダイクは、当時DF史上最高額の7500万ポンドの移籍金ということもあって当初は懐疑的な見方もあったものの、その後に金額に見合うだけの実力を証明。昨シーズンにはリヴァプールの14年ぶりチャンピオンズリーグ制覇に貢献し、先日にはリオネル・メッシとクリスティアーノ・ロナウドを抑えて、DFとして初のUEFA最優秀選手賞に輝いた。

ワイナルドゥムは、2016年夏のリヴァプール加入前に、ユルゲン・クロップ監督に同胞のファン・ダイクについて尋ねられていたことを明かしている。

「僕がリヴァプールに入る前、クロップ監督と会談をしたんだけど、その時に彼はファン・ダイクについて尋ねてきた。僕は常にヴィルヒルのことを高く評価してきた。ユルゲンにも『彼は最終ラインを強化できるような選手だ』ということを伝えたよ」

「だから、メッシとC・ロナウドを抑えてUEFA最優秀選手賞を獲得したことにも驚きはなかった。素晴らしいシーズンを過ごしていたし、彼については何も驚くようなことはない」

2017年の夏にファン・ダイクの獲得を狙ったリヴァプールは当時、不正なアプローチがあったとサウサンプトン側の怒りを買ったが、2018年1月に引き入れを実現していた。

(提供元:Goal.com

このニュースについて語ろう!

みんなのコメント
  • 新着順
  • いいね順

News 新着ニュース

News ニュースランキング