News サッカーニュース

フランス紙、ネイマールのバルサ復帰失敗の経緯を報じる…レアルは来季のムバッペ獲得に目標を絞っていた模様

2019年9月3日(火) 23:50 

 


今夏の移籍市場で古巣バルセロナへの復帰を目指し、結局は断念することになったパリ・サンジェルマン(PSG)FWネイマールだが、フランス『パリジャン』がその試みが失敗に終わった経緯を報じている。

バルセロナが獲得を断念したことにより、今季もPSGで過ごすことになったネイマール。『パリジャン』によれば、ネイマールがPSGのレオナルドSD(スポーツダイレクター)に対して退団の意思を伝えた際に「PSGの株主たちは屈辱を感じた」そうだ。そうしてPSGの実質的な権限を握るカタール国のタミーム・ビン・ハマド・アール=サーニー首長は、ネイマールの売却額を2017年にバルセロナから同選手を獲得した際に支払った2億2200万ユーロを超える額に定め、その後PSGのアル・ケライフィ会長がチームのキャプテンたちに状況説明として「ネイマールはここを去るかもしれない。3億ユーロという巨額のオファーが届くならばな」と語ったという。

ネイマールの再獲得を望むバルセロナとPSGの初交渉は8月13日に行われたようだが、『パリジャン』曰くバルセロナはMFフィリペ・コウチーニョの譲渡と少額の移籍金と、PSGにしてみれば「ほとんど手ぶら」でパリまでやって来たとのこと。またPSGはバルセロナがパリの到着時間や交渉場所をメディアに漏らしていたことを快く思っていなかったようだ。

交渉で苦戦するバルセロナは、ネイマールが同クラブ復帰のためにPSGにプレッシャーをかけることを求めていたそうだが、同選手はそのような行動を取らなかった模様。その理由は、何としてでもPSGを退団することを望んでいたブラジル代表FWが、レアル・マドリーを含めた他クラブへの移籍の可能性を閉ざしたくなかったためで、逆にネイマールの関係者たちはレアル・マドリーがPSGにオファーを提示する可能性をバルセロナに伝え、プレッシャーをかけていたとのことだ。だがしかし、レアル・マドリーは来季にFWキリアン・ムバッペを獲得することに目標を絞っており、ネイマールのために3億ユーロを投じる考えは端からからなかったそうだ。

レアル・マドリー移籍の線はなく、バルセロナ復帰しか道が残されていなかったネイマールだが、バルセロナとPSGの交渉は結局決裂して、2日の移籍市場閉鎖を迎えることになった。『パリジャン』は「PSGはずっと前からバルサに十分な金がないことを分かっていた。PSGが設定した金額は、どのクラブも払えるものではなかったのである。これが実現不可能だった移籍オペレーションの物語だ」と記し、今回のネイマール移籍が最初からあり得ないものであったとことを主張している。

(提供元:Goal.com

このニュースについて語ろう!

みんなのコメント
  • 新着順
  • いいね順

News 新着ニュース

News ニュースランキング