News サッカーニュース

まだプレシーズンではあるが…J・フェリックス、36分毎にゴール&アシスト記録でメッシの最速ペース超える

2019年8月14日(水) 0:22 

 


アトレティコ・マドリーに所属するポルトガル代表FWジョアン・フェリックスが、スペイン国内で異常な盛り上がりを見せている。2得点に関与した先のユヴェントス戦では同胞FWクリスティアーノ・ロナウドと比較された同選手だが、『マルカ』はもう一人の世界最高峰の選手、バルセロナFWリオネル・メッシとの比較を行っている。

未来の世界最高の選手候補ともされるJ・フェリックスだけに、その比較対象は強烈だ。『マルカ』は先のユヴェントス戦前にJ・フェリックスのデビュー後43試合の記録が20点11アシストと、C・ロナウドのデビュー後43試合の6得点9アシストを上回っていることを報じたが、今度はメッシを比較対象としている。

J・フェリックスは、アトレティコのプレシーズンマッチで250分の出場時間を手にして、ミドルシュートやボレーシュート、寸分の狂いもない精度の高いスルーパスなど驚異的なインパクトを誇るプレーから4得点3アシストを記録。36分毎にゴールかアシストを記録している計算となる。

J・フェリックスのこの成績はプレシーズンのものではあるが、『マルカ』はメッシと比較することをはばからない。バルセロナのトップチームで15シーズンを過ごすアルゼンチン代表FWが最も良い成績を残したのは2011-12シーズンで、公式戦で73得点29アシストと驚異的な数字を記録。しかながら、平均すれば51分毎にゴールかアシストを記録している計算になり、プレシーズンのJ・フェリックスの方がペースでは上回っているとのことだ。

繰り返すが、J・フェリックスの得点&アシストのペースはプレシーズンのものであり、シーズン突入後にどのような記録を残すのかは未知数だ。しかしJ・フェリックスをC・ロナウドやメッシと積極的に比較していくスペインメディアの姿勢には、同選手への期待の高さが反映されている。

(提供元:Goal.com

このニュースについて語ろう!

みんなのコメント
  • 新着順
  • いいね順

News 新着ニュース

News ニュースランキング