News サッカーニュース

ポグバからネイマールに獲得目標を切り替えたレアル・マドリー、ネイマール本人も移籍了承か

2019年8月11日(日) 0:45 

 


レアル・マドリーが獲得に動いているとされるパリ・サンジェルマンFWネイマールだが、選手本人は移籍を了承する考えであるという。スペイン『マルカ』が報じている。

ジネディーヌ・ジダン監督たっての要望でマンチェスター・ユナイテッドMFポール・ポグバの獲得を目指していたマドリーだが、ユナイテッドは頑なに放出を拒否し続け、後釜も獲得することなくプレミアリーグの移籍市場閉鎖を迎えた。このためにレアル・マドリーは、スター選手という枠内での獲得目標をポグバからPSG退団を望むネイマールに切り替えたとみられる。PSGは険悪な関係にあるバルセロナではなく、良好な関係を保つレアル・マドリーへの放出を望んでいるともされている。

そして10日付の『マルカ』によれば、ネイマールはレアル・マドリーへの移籍を了承する意向であるという。同選手は古巣バルセロナの宿敵への移籍が簡単なものではないことを理解しながらも、自身のプレーによって、そうした逆境を打破することに自信を持っているようだ。

『マルカ』は「ネイマールの“イエス”と、PSGのブラジル人選手との間にさらなる問題を抱えたくはないという意思によって、(レアル・マドリー移籍という)解決策は近いうちに訪れることになると考えられる。PSGがバルセロナの試みをすベて粉砕しようとしているならば、なおさらだ」と記載。またPSGがレアル・マドリーにネイマールを売却する際には、トレード要員としてMFガレス・ベイルかMFハメス・ロドリゲスの獲得を考慮する可能性も示唆している。

(提供元:Goal.com

このニュースについて語ろう!

みんなのコメント
  • 新着順
  • いいね順

News 新着ニュース

News ニュースランキング