News サッカーニュース

プレシーズンマッチ1勝3敗と不調のレアル、クロースは危機感覚える「ジダンが以前率いたチームに戻るのは難しい」

2019年8月6日(火) 11:11 

 


ここまでのプレシーズンマッチで、満足なパフォーマンスを見せることができないでいるレアル・マドリーだが、MFトニ・クロースはこの状況に危機感を覚えているようだ。

昨季、メジャータイトル無冠と失意のシーズンを過ごしため、今季に懸ける思いは強いはずのレアル・マドリーだが、プレシーズンは失望を生むようなものとなっている。

ここまでのプレシーズンマッチの成績は1勝3敗と芳しくなく、特にアトレティコ・マドリーとのダービーで3-7の大敗を喫したことをきっかけとして、ファンはチームの不甲斐なさに不満を噴出させるようになった。

プレシーズンマッチ4戦で335分出場と誰よりもピッチに立っているクロースは、チームが良質なパフォーマンスを見せられていないことを痛感している模様。ドイツ『キッカー』とのインタビューで、次のように語っている。

「僕たちはもっと良質な、中身のあるフットボールを見せたいと思っている。それこそが重要であり、そうできれは結果は自ずと付いてくるはずだ。もっと良いプレーを見せれば、タイトル争いにだって興じることができるはずなんだよ」

クロースはまた、ジネディーヌ・ジダン監督が指揮を執り、FWクリスティアーノ・ロナウドも在籍していたチャンピオンズリーグ三連覇を果たした頃のチームに戻ることは難しいとの見解も示している。

「ジダンが一度置いていったチームに戻るのは簡単じゃない。あのレベルに到達するというのは、難しいことなんだよ。2019年3月にジダンは戻ってきたが、チームは2018年5月の頃とはまた違うものになっていたんだ」

(提供元:Goal.com

このニュースについて語ろう!

みんなのコメント
  • 新着順
  • いいね順

News 新着ニュース

News ニュースランキング