News サッカーニュース

レアル・マドリー、20歳となったブライムはレンタルではなく残留へ…右ウィングとして起用される見込み

2019年8月4日(日) 12:40 

 


レアル・マドリーMFブライム・ディアスは、どうやらレンタル移籍はせず、トップチームでプレーし続けることになるようだ。スペイン『マルカ』が報じている。

先の冬の移籍市場でマンチェスター・シティからレアル・マドリーに加わったブライム。3日に20歳の誕生日を迎えた同選手は、これまでリーガ・エスパニョーラ1部のクラブへのレンタル移籍が噂されていたが、クラブ首脳陣とジネディーヌ・ジダン監督はチームに留める考えを固め始めているという。

『マルカ』曰く、レアル・マドリーは左右ウィングを2選手ずつ擁する考えで、左ウィングがMFエデン・アザール&FWヴィニシウス、右ウィングがMFマルコ・アセンシオ&ブライムと、ブライムはその内一選手となる模様だ。また年内復帰絶望となる重傷を負ったアセンシオの代役は、退団濃厚だったMFルーカス・バスケスが一時的に務めると見られる。

その一方で、今夏に加わった新たなウィング、FWロドリゴに関してはレアル・マドリー・カスティージャ所属となり、少しずつトップチームに馴染ませていくとみられる。なお『マルカ』の同記事において、同じくウィングとしてプレー可能なFW久保建英の扱いについては言及されていない。

(提供元:Goal.com

このニュースについて語ろう!

みんなのコメント
  • 新着順
  • いいね順

News 新着ニュース

News ニュースランキング