News サッカーニュース

ユーヴェ以外の移籍を拒否するイカルディ、インテルと全面衝突へ…残留なら出場はゼロ?

2019年8月2日(金) 21:44 

 


インテルは構想外のFWマウロ・イカルディに対し、強硬姿勢を示しており、選手の妻で代理人のワンダ・ナラ氏は法的手段も検討している。イタリア紙『ガゼッタ・デロ・スポルト』が2日、報じている。

イカルディは昨シーズン途中まで主将を務め、エースとして活躍してきたが、新指揮官アントニオ・コンテの下では構想外となっており、今夏の退団は不可避と見られてきた。

ジュゼッペ・マロッタCEOらインテル幹部は、イカルディと会談を行い、改めてチームの意向を示した。アルゼンチン人FWは、仮にチームに残ったとしても出場機会を与えられない見通しとなっており、クラブはイカルディに対し、これまでに届いたナポリもしくはローマのオファーを受けるよう勧めている。

インテルは否定しているが、インテルFWがリーグ戦およびチャンピオンズリーグの選手登録から外れるとの通告を受け、代理人のナラ氏がモラルハラスメントとして法的手段を検討しているとの報道も流れている。

ただイカルディはイタリア国内において、インテルもしくはユヴェントスでのプレー以外を検討しておらず、ナポリおよびローマへの移籍に難色を示している。自身の希望する条件に見合わなければ、出場機会が一切与えられないとしてもインテルに残留する姿勢を崩さない。

インテルはアルゼンチン人FWの売却が済み次第、マンチェスター・ユナイテッドに所属するFWロメル・ルカクへ再オファーを検討していたが、事態が動く気配はない。ローマのFWエディン・ジェコ獲得についても同様で、移籍を拒否するイカルディをボスニア人FWとの取引に盛り込むことができないでいる。

インテルおよびイカルディは両者とも強硬姿勢を貫いており、今後は長期戦が見込まれる。果たしてどんな解決策が生まれるのか、今後の動向は注目されるところだ。

(提供元:Goal.com

このニュースについて語ろう!

みんなのコメント
  • 新着順
  • いいね順

News 新着ニュース

News ニュースランキング