News サッカーニュース

ミランが今夏3人目の補強に成功…リールFWレオンを40億円超で獲得

2019年8月2日(金) 21:32 

 


ミランは1日、リールからFWラファエル・レオンの獲得を発表した。

今夏、ウォルヴァーハンプトン・ワンダラーズに生え抜きFWのパトリック・クトローネを売却したミラン。その代役として昨シーズンにリールで29試合に出場して8ゴールを挙げる活躍を見せた20歳のレオンへの興味を強めていた。

そして1日、前日にイタリア入りし、メディカルチェックをパスしたレオンと5年契約を締結したことをミランは発表。なお、リールへの移籍金として3500万ユーロ(約42億円)が支払われる。また、この取引にリール行きが噂されていたティアゴ・ジャロは含まれていないが、同日夜に同選手の移籍も発表された。

なお、レオンは今夏から指揮を執るマルコ・ジャンパオロ監督にとって、レアル・マドリーのテオ・エルナンデス、エンポリのラデ・クルニッチに次ぐ3人目の新戦力となる。今冬に補強したクシシュトフ・ピョンテクとのコンビにも注目を集めそうだ。

さらに、ミランはその他にもフラメンゴのレオ・ドゥアルチの獲得にも動いており、同クラブのジョルジェ・ジェズス監督は「ドゥアルチはミランの選手になる。すべては完了した。彼はヨーロッパに向かう準備をしていて、私は彼の成功を祈っている」と両クラブがすでに合意に達したと明かしていた。

(提供元:Goal.com

このニュースについて語ろう!

みんなのコメント
  • 新着順
  • いいね順

News 新着ニュース

News ニュースランキング