News サッカーニュース

マン・C、カンセロ獲得へ向けて再びユーヴェと接触…ダニーロ+30億円が必要に

2019年8月2日(金) 13:30 

 


マンチェスター・シティは、再びユヴェントスDFジョアン・カンセロの獲得に動き出した。『Goal』の取材で明らかとなった。

開幕を告げるコミュニティ・シールドを間近に控え、シーズン前最後の調整を進めているマンチェスター・C。アトレティコ・マドリーからMFロドリをクラブ史上最高額の6280万ポンド(約85億円)で獲得したが、補強はその他にアンヘリーノ(PSVから加入)のみと、例年に比べて落ち着いた夏を過ごしている。

しかし、プレミアリーグの移籍市場閉幕まで残り約1週間となった中、右サイドバックの強化を画策。カンセロ獲得へ向けて、ユヴェントスと交渉を行っていることが明らかとなった。

カンセロに関しては、移籍市場開幕直後からマンチェスター・Cが接触していることが伝えられていたが、カイル・ウォーカーが新契約を結んだことでその関心は冷めているとみられていた。しかし、ジョゼップ・グアルディオラ監督はポルトガル代表DFの獲得を希望しており、再びユヴェントスと接触した。先日ユヴェントスのファビオ・パラティッチSDがイギリスへ飛び、マンチェスター・ユナイテッドとFWロメル・ルカク、FWパウロ・ディバラについて交渉していることが明らかとなっている。しかし、今回の渡英はマンチェスター・C側とも交渉するためとみられる。

なお、イタリア王者はカンセロを5000万ポンド(約65億円)と評価しているが、プレミア王者はDFダニーロを含めることで値下げを狙っている。その場合には、ダニーロに加えて2300万ポンド(約30億円)ほどの資金が必要になりそうだ。

ペップが熱望するという25歳のポルトガル代表DFだが、残り1週間で取引は成立するのだろうか。

(提供元:Goal.com

このニュースについて語ろう!

みんなのコメント
  • 新着順
  • いいね順

News 新着ニュース

News ニュースランキング