News サッカーニュース

バイエルン指揮官コバチ、サネ獲得へ強気の発言を謝罪「ペップには謝った」

2019年7月31日(水) 22:28 

 


バイエルン・ミュンヘンのニコ・コバチ監督は、リロイ・サネについての言葉に関して謝罪している。

バイエルンは今夏、マンチェスター・シティのサネ獲得を目指している。そして先日には、コバチが「実現することにとても自信がある。我々が彼を確保できると確信している」とコメント。しかし、この発言をカール・ハインツ・ルンメニゲCEOが問題視し、「マンチェスター・シティとジョゼップ・グアルディオラとの関係はいいし、サネはシティとの契約下にある選手だ。この発言はあまりいいものではない」と話す。

すると、コバチ監督も30日のアウディカップ・フェネルバフチェ戦後に謝罪することに。「ペップとは話したし、この件については謝った。クラブにも謝りたい。少し攻撃的すぎたコメントだった」と明かしている。

サネ獲得のためにもシティとの関係性を重要視していることがうかがえるバイエルン。この心遣いがビッグディール実現につながるのだろうか。

(提供元:Goal.com

このニュースについて語ろう!

みんなのコメント
  • 新着順
  • いいね順

News 新着ニュース

News ニュースランキング