News サッカーニュース

北川航也のラピッド行き報道で盛り上がる現地メディア、直撃された南野拓実は新クラブに助言

2019年7月28日(日) 12:29 

 


ラピッド・ウィーン行きが報じられる清水エスパルスFW北川航也はオーストリアですでに大きな話題となっているようだ。同選手の動向が伝えられるなか、レッドブル・ザルツブルクに所属する日本代表FW南野拓実も同胞に関する意見を問われている。

オーストリア『スカイ』が今月20日、ラピッドが北川の獲得で清水と基本合意に至ったと報じてから、同国主要メディア『スタンダルト』『ホイテ』『クリーア』などが連日、同選手について報道。日本のニュースに限らず、各サイトにはプレー集の映像などが貼られるなど、日本代表のオーストリア・ブンデスリーガ参戦は国内で大きな注目を浴び続けている。

そんななか、『クローネ』はラピドでのメディカルチェックに近づいているとされる北川に関する記事でザルツブルクの南野を直撃。北川の特徴などを問われた日本代表での同僚は「彼は機敏に動き、空中戦に強い上、シュートが優れている選手です。ラピドを助けることができると信じています」と返答。一方、日本人選手を迎えるにあたってライバルチームに次のようなアドバイスも送っている。

「(移籍当初)僕にとって一番の課題は言葉でした。2年目までは通訳を欠かせません。じゃないと何もできないので。監督やチームメイトたちを理解しなければいけませんからね。僕たち(日本人)はヨーロッパの人々よりか大人しいかもしれません。それについては勘違いしないでほしいですけどね」

なお、これらコメントを受けた『spox』は、26日にザルツブルクが南野と奥川雅也によるゴールで制したラピッドとのリーグ開幕戦を引き合いに出し、「(北川は)ラピッドにとって完璧。ザルツブルク戦でも見られたとおりアリウ・バジが機能しなかった場合、ラピッドのベンチにはオプションとなる選手がいないのだから」と指摘。移籍はまだ成立していないもののすでに期待が高まっている様子をうかがわせた。

(提供元:Goal.com

このニュースについて語ろう!

みんなのコメント
  • 新着順
  • いいね順

News 新着ニュース

News ニュースランキング