News サッカーニュース

武藤嘉紀所属のニューカッスル、新指揮官が決定! マンチェスター・Uのレジェンドが就任

2019年7月17日(水) 18:39 

 


ニューカッスルは17日、新指揮官にスティーブ・ブルース監督が就任したことを発表した。

昨シーズンのリーグ戦を13位で終えたニューカッスルは、シーズン終了後にラファエル・ベニテス監督が契約満了により退任。後任人事を進めていた。

新指揮官のブルース監督は、現役時代にマンチェスター・ユナイテッドで公式戦400試合以上に出場したレジェンド。引退後は、シェフィールド・ユナイテッドやハダースフィールド、バーミンガム・シティ、ウィガン・アスレティック、サンダーランド、ハル・シティ、アストン・ヴィラなどの母国クラブを指揮した。今回の就任に伴い、今年2月から率いていたシェフィールド・ウェンズデイの指揮官を退任することになっている。

ニューカッスルと3年契約を交わしたブルース監督は「ニューカッスルの指揮官に就任することは非常に誇らしいことだ。嬉しいよ。我々の前には大きな挑戦がある。私とスタッフたちは準備ができているよ。腕まくりしてるさ。サポーターがチームを誇りに思えるような成功をもたらしたい」と意気込みを示した。

ニューカッスルは現在、プレシーズンツアーで中国に遠征中。17日にはプレミアリーグ・アジアトロフィーでウォルヴァーハンプトンと対戦する。武藤嘉紀の起用法も注目されるところだ。

(提供元:Goal.com

このニュースについて語ろう!

みんなのコメント
  • 新着順
  • いいね順

News 新着ニュース

News ニュースランキング