News サッカーニュース

ランパードがチェルシー新監督就任で合意!正式発表迫る…盟友たちもスタッフ入りへ

2019年7月2日(火) 14:35 

 


フランク・ランパードは、チェルシー指揮官就任で合意に至ったようだ。『Goal』の取材で明らかとなった。

昨シーズン限りでマウリツィオ・サッリ前監督が退任したことに伴い、新監督を探していたチェルシー。かねてよりダービーで指揮を執るランパードとの接触が伝えられており、ダービー側も契約交渉のために今季のプレシーズン開始に合流しないことを発表するなど、チェルシー指揮官就任は決定的であると見られている。

そして1日、ランパードはチェルシー監督就任で合意に至ったようだ。正式発表は間近に迫っていることが『Goal』の取材でわかっている。なお、ダービー側へ補償金として400万ポンド(約5億5000万円)を支払うことになる。

また、ランパードはダービーでもアシスタントコーチを務めていたジョディー・モリス氏を再びアシスタントコーチに起用することが予想されている。さらに現在チェルシーの育成部門でマネージャーを務めるジョー・エドワーズ氏もトップチームスタッフ入りするようだ。その他、すでに昨季限りで現役を引退したペトル・チェフ氏が、テクニカル及びパフォーマンスアドバイザーとしてスタッフ入りすることが決定。クロード・マケレレ氏もチェルシーで新たな役割を担うことになるようだ。

現役時代に13年間チェルシーでプレーし、649試合でクラブ史上最多211ゴールを記録。チャンピオンズリーグ制覇、プレミアリーグ3度優勝など輝かしい時代を築いたランパード。今度は指揮官として、スタンフォード・ブリッジに戻ってくることが決定したようだ。

(提供元:Goal.com

このニュースについて語ろう!

みんなのコメント
  • 新着順
  • いいね順

News 新着ニュース

News ニュースランキング