News サッカーニュース

マグワイアを巡ってマンチェスターダービー勃発か…レスターは110億円を要求

2019年6月11日(火) 11:33 

 


マンチェスター・ユナイテッドとマンチェスター・シティがレスター・シティのハリー・マグワイアを巡って争奪戦を繰り広げることになりそうだ。『スカイスポーツ』が報じている。

2017年にレスターに加入して以降、成長を続けてイングランド代表のスタメンにまで上り詰めたマグワイア。現在26歳の大型センターバックの去就に関しては、これまでも話題になっており、昨夏にはマンチェスター・Uが同選手の獲得に動いていたが、レスターが7000万ポンド(当時約100億円)を要求したため、撤退に追い込まれていた。

そんな中今夏、マグワイアの去就に関する噂が再び過熱。依然としてレスターに売却の意思はないと考えられているものの、主力センターバックの補強が急務のマンチェスター・Uと主将ヴァンサン・コンパニが退団したマンチェスター・Cが獲得を強く望んでいるようだ。

なお、レスターはマグワイアに、DF史上最高額の7500万ポンド(当時約114億円)でリヴァプールに移籍したビルヒル・ファン・ダイクの移籍金を上回る8000万ポンド(約110億円)の価値があると考えている。しかし、マンチェスターの両クラブはそれだけの額を支払うことに躊躇すると同メディアは伝えている。

一方で、マグワイア売却に備え、レスターはすでに代役をピックアップしている模様だ。複数の候補者の中にはバーンリーのジェームズ・タルコウスキーらが含まれると考えられている。

フィールド外での“マンチェスタータービー”が勃発する可能性のあるマグワイア争奪戦だが、どのよう形で決着を迎えるのだろうか。

(提供元:Goal.com

このニュースについて語ろう!

みんなのコメント
  • 新着順
  • いいね順

News 新着ニュース

News ニュースランキング